>ホーム >徳島代協の概要

否代協の保険代理店様へ
株式会社タウ
jcm
jcm
DPS会(業務提携優良整備工場-代理店協会パートナーショップ)


↓お近くの会員代理店を探す↓
徳島代協会員リストマップ

徳島代協
代理店情報が変更になった場合は、こちらからご連絡下さい。
メールorFAX FAX専用変更届
印刷して変更箇所を記入後、FAXして下さい。
メール変更届

---
会員専用ページ 会員専用ページ
(パスワード付き)




徳島代協の概要

ご挨拶 徳島代協会長 山本 高弘

徳島代協会長 山本 高弘  会員の皆様には、一般社団法人徳島県損害保険代理業協会(以下は徳島代協)に一方ならぬご尽力を賜り誠にありがとうございます。昨年度は会員増強5店、コンサルティングコース受講者9名、国民年金基金加入1口の成果をあげる事ができました。また会員の皆様にアンケートを取らせて頂き、その結果を踏まえて「ユニバーサルマナー検定」や「公的保険セミナー」を開催し、多くの皆様にご参加頂き盛会に終えることができました。今年度もより多くの有益な情報を会員の皆様へ提供できるよう努めてまいりますので引き続き徳島代協へのご協力ご支援を宜しくお願い致します。

 昨年「顧客本位」と言う言葉を何度も耳にされたと思います。改正保険業法で代理店に大きく3つの義務、情報提供義務、意向把握義務、代理店の体制整備義務が必要になり、それに続きその実践、いわゆる顧客本位とPDCAサイクルができているかの確認振り返りが代理店に必要になっています。人口減少・超高齢化やデジタル革命により社会環境は大きく変化しており、柔軟に対応し、お客様に選ばれる価値の提供できる代理店にならなければ生きる道はなくなりつつあります。先が読みにくく将来に漠然とした不安を感じている代理店も多いと思いますが、そんな中でも勇気を持って創意工夫して取り組むことにより、保険のプロ代理店の集団である徳島代協会員は、お客様に選ばれる代理店であり続けると信じています。日本代協の金子会長の言葉をお借りすると、『仕事が人と人のネットワークビジネスである以上、どんな時代になっても顧客接点を担う代理店の価値は存在すると確信しています。地元を中心に生きる代理店は、お客様の困り事にきめ細かに対応し、お客様の人生に寄り添って支えることができる存在です。大切なのは「人を思いやる心」であり、保険は、「人を思いやる心」を具現化できる素晴らしいシステムです』とおっしゃっています。我々徳島代協会員も「人を思いやる心」をもってお客様と長くお付き合いし、また「組織を思いやる心」で徳島代協と情報や好取組、社会貢献活動を共有し、企業としても共に成長してまいりましょう。 

 四国徳島の地において南海地震への対策は必須であります。また昨年も各地で大規模な自然災害が相次ぎ大きな被害が発生し、また観測史上最高という言葉も何度か耳にしました。この地球上災害はいつどこで起こっても全く不思議ではありません。お客様も地震や自然災害への不安を持たれており、地震保険等のご案内や防災・減災の情報提供を実施することは代理店の使命であると考えられます。その為にも他代協や損保協会・各保険会社と連携し情報収集し、保険の活用とともに、事故や災害に遭わない、遭っても被害を最小限にとどめるよう、また「あのときもっとしっかりとお奨めすれば良かった」と後悔することがないよう、日々の活動を通して安心・安全な社会づくりに貢献していきましょう。 

 常日頃は忙しい中、理事の皆様には徳島代協の活動にご協力頂き本当にありがとうございます。ご協力頂いている事が必ずや人的ネットワーク構築や有益な情報収集、また保険業界の見識を深める事になり、自社の成長につながると確信しています。そんな中いつも議題に上がるのが、「代協はなにをしてくれるのか、何のメリットがあるのか?」と会員や加入を勧める代理店に言われる事で、悔しい思いとジレンマを感じています。継続的に代協活動に参加してもらえれば、もっと良さや意義を感じてもらえるのに何故活動に参加してもらえないのか。また私自身の不徳の致すところですが、まだまだ徳島代協に魅力を感じてもらえていない会員へ、どのような方法で情報発信していけば、より多くの会員の賛同をえて活動に参加してもらえるのか。今こそ真剣に覚悟を決め将来を見据えて改革を実践していくべきだと思います。まずは事務員採用と事務所開設をし、理事の負担を減らし、その分一般会員の皆様にメリットを享受できるようなセミナー等の企画に力を入れていきます。また今後理事を担う方へ、より良い活動環境が準備でき相乗効果で、より良い会員向けサービスを実施できる組織にしてまいります。それだけで直ぐに目に見えるような成果も少ないのかもしれませんが、徳島代協も、顧客(会員)本位の考えで一生懸命改革に取り組んでまいります。それが間違いなく我々の保険業界をより良く変えていくことにつながると思います。最後に、徳島代協の存在意義と、その重要性を引き続き訴え、一生懸命活動してまいりますので、何卒深いご理解とご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人徳島県損害保険代理業協会
   会長 山本 高弘


徳島県損害保険代理業協会とは

私たち徳島県損害保険代理業協会の加盟代理店は、保険を専門とするプロフェッショナルです。

設 立 :  昭和25年11月11日
目 的 :  「損害保険の代理店」を会員とする職業団体で、損害保険の普及と保険契約者の利益保護を図るため、損害保険代理店の資質を向上させることにより、その業務の正常な運営を行うことを確保し、併せて損害保険事業の健全な発達に寄与することを目的としています。
事 業 :  上記の目的を達成するため、次の事業を行っています。
会員に対する教育研修
損害保険の普及に関する啓発・宣伝
社会貢献事業
会員数 :  128店(平成30年4月1日現在)